美容外科とエステサロンの施術方法の違いについて

似ているようで効果が全然違う、美容外科とエステサロンの施術の違いを比較!

ホーム > 美容外科Q&A > 美容外科とエステの施術はどう違う?

美容外科とエステの施術はどう違う?

脱毛やアンチエイジングメニューなど、美容外科の治療とエステのサービスでは似ている施術もたくさんありますが、実は施術内容から費用まで様々な面で異なるもの。このページでは具体例を挙げて美容外科とエステの違いがどこにあるかを具体的に解説しながら、上手な美容外科クリニックの探し方を紹介いたします。

評判のクリニックをランキングでチェック!ランキング結果を詳しく

美容外科Q&A

効果の美容外科とリラクゼーションのエステ

「気になる脂肪やたるみをなんとかしたい」「メリハリのあるボディになりたい」「若々しい肌がほしい」といった悩みを真剣に解決しようと思った時、多くの人は最初に「エステにするか、美容外科にするか」と考えるのではないでしょうか? 痩身、美肌、脱毛など、一見すると美容外科とエステには似たメニューが並んでいます。どのように違うかもあまり判らないかもしれません。

しかし実際は、美容外科とエステには決定的な違いがあります。それは、美容外科は医師免許を持ったドクターが治療を行う「医療機関」であり、エステティックサロンはそうではないということです。いずれも美容に特化した機関である点は共通していますが、医師が常駐していないエステサロンでは手術はもちろん、医療機器も扱えません。

使用する薬剤についても、医療行為が認められていないエステサロンでは、成分の濃度や取り扱える薬剤などに制限があります。その点、美容外科は医療機器や成分濃度の濃い薬剤を使用できますので、エステより高い効果を得られることが特徴です。ただし、美容外科の施術は全て医療行為ですから、エステサロンよりも体に負担がかかるリスクもついて回ります。しかし、近年は体への負担を極力抑えた治療法が数多く発表され、取り入れられてきています。

簡単に表現するなら、「効果」を求めるなら美容外科、ゆるやかな効果とリラクゼーションを求めるならエステ、というところでしょうか。最近ではエステサロン並みにサービスに力を入れている美容外科や、内装などにこだわってリラックスして治療を受けられるクリニックも増えていますので、ぜひ直接出かけてみて雰囲気やメニュー内容を確認してみてください。

医療脱毛とエステ脱毛はこんなに違う!

では脱毛メニューを例にして、美容外科とエステの違いを具体的に比較してみましょう。

脱毛の基本的なメニューは、毛1本1本に電気を入れて毛乳頭を破壊する「ニードル脱毛」と、レーザーを照射する「レーザー脱毛」がありますが、レーザーによる脱毛は医療行為のため、エステではニードル脱毛が中心になります。エステでも「光脱毛」と呼ばれる脱毛方法がありますが、医療用機器に比べると威力はかなり低いマシンです。そのためエステで「永久脱毛」とうたっていても、美容外科の医療レーザー脱毛と比べると効果は雲泥の差と言われます。

美容外科の医療レーザー脱毛は、エステのニードル脱毛に比べて傷みも少なく、短期間でバツグンの効果を発揮します。エステの光脱毛は、痛みが少ないけれど1回照射してもまたすぐに毛が生えてくるケースが多いのですが、医療レーザーだと1回の照射で数ヶ月は生えてきません。またエステでは対応できないうぶ毛のような細かな毛も、美容外科なら処理が可能です。

何を重視するかで自分に合った院を見つけよう

医療機関である美容外科では、より効果の高い施術を受けることができます。体へ負担がかかることもありますが、最近では回復までのダウンタイムが短いメニューも増えています。一方のエステサロンでは、効果は美容外科より低いものの、体への負担が少なく、リラックスに重点を置いて丁寧にケアをしてもらえるなど、きめ細かなサービスを受けることもできます。

どちらが良い・悪いではなく、大切なのは自分が何を重視するのか、そしてそれを手に入れるためにどこが一番ピッタリな場所なのかを考えること。美容外科とエステサロンの違いを把握した上でしっかり吟味しましょう。