豊胸整形が上手い大阪の美容外科はココ!

気になる胸(バスト)の悩みをしっかり解消してくれると大阪で評判の美容外科をピックアップ!

ホーム > お悩み別 逆引きクリニック > 胸(バスト)の悩みに強い美容外科

胸(バスト)の悩みに強い美容外科

大きくしたい、小さくしたい、ハリがほしい…人の数ほど違う胸(バスト)の悩みに応えるべく、大阪の美容クリニックでもその技術は日々進化しています。中でも胸(バスト)の治療を得意とするクリニックを紹介します!

評判のクリニックをランキングでチェック!ランキング結果を詳しく

胸(バスト)の悩みに強い美容外科

美容外科の胸(バスト)の悩み解消ってどんなことするの?

美しくハリのある胸は、年齢を問わずいつだって女性の憧れ。でも、大きすぎても小さすぎても困るし、年齢とともにたるみが気になるし、乳首や乳輪の形や大きさが気になったり…胸の悩みは人それぞれ、ひとすじ縄ではいかないというのが現実でしょう。

豊胸というと抵抗がある人もいるかもしれませんが、胸(バスト)の悩みを解消するには美容外科で治療を受けるのが最も近道。豊胸術と言えば、切開手術で乳房に人工バッグを入れるというイメージが強いかもしれませんが、最近ではメスを使わずにバストアップできる施術や、自分の脂肪やヒアルロン酸などを注入する方法など、さまざまな治療法が開発されています。ダウンタイムが短いものもあるので、忙しい人でも胸(バスト)の悩みを美容外科で解消することができるようになりました。

また、胸を大きくする豊胸だけでなく、乳頭縮小や陥没乳首、乳輪縮小、乳首の黒ずみなど、胸の形を整えるメニューも豊富。下がってしまったバストを持ち上げたり、乳房を小さくする手術などもあります。クリニックによって独自の施術メニューを提供していますので、カウンセリングなどでしっかり情報を確認するといいでしょう。

胸の悩み治療に強い
大阪
おすすめ
美容外科クリニック

美容外科での胸(バスト)の悩み治療メニューは、人工乳腺法や脂肪注入法など、どのクリニックでもだいたい同じですが、挿入するプロテーゼや手術法などが異なりますので、必ずクリニックでカウンセリングを受けて、どのような手術が受けられ、どんな形や大きさにできるのか、効果はどれくらい持続できるのかなど細かく確認することをおすすめします。

聖心美容外科

聖心美容外科では、患者の希望やバストのこだわりをもとに豊胸術のプロが施術を行なっています。カウンセリングでプランを立てた上で、豊富な豊胸術の中から最適な治療方法を提案。国内でも施術できるクリニックが少ない幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)や、自然なバストをつくるピュアグラフト豊胸術などを行ない、見た目・触り心地ともに満足できるバストを目指します。

住所
大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビル2F(ホテルモントレ大阪)
恵聖会クリニック

「あともう少しだけバストアップしたい」「大きすぎる胸を小さくしたい」など、女性ならではのバストの悩みを解消してくれる恵聖会クリニック。希望にあわせて挿入する素材を選べる人工乳腺法や、自分の脂肪を用いる脂肪注入法など、各種メニューを取り揃えています。人工乳腺法は、医師と相談しながら体型に合わせて大胸筋下法または乳腺下法を選ぶことが可能です。

住所
心斎橋院:大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
京橋院:大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
高須クリニック

プロテーゼ挿入や脂肪注入のほか、陥没乳頭、乳頭縮小、乳輪縮小、乳輪のぶつぶつ除去、乳頭・乳輪黒ずみ除去など、バストに関する治療方法を多彩に取り扱っている高須クリニック。体に害を与えない高品質な素材を使用して、理想通りのバストの実現に尽力してくれます。悩みをじっくりと聞いてくれるカウンセリングや、アフターケアなどのサポート体制もバッチリです。

住所
大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA12F
心斎橋コムロ美容外科

心斎橋コムロ美容外科は、生理食塩水バッグによる豊胸が一般的だった時代に日本で初めてシリコン豊胸を導入したことで有名。長年の実績と高い技術力で、多くの女性のバストの悩みを解消してきました。人口乳腺法や脂肪注入法など、バリエーション豊富なメニューを用意。切る手術に抵抗がある人には、メスを使わずにバストアップが期待できるアクアリフトがおすすめです。

住所
大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
THE CLINIC

THE CLINICでは、脂肪幹細胞を使った豊胸を行っています。単純な脂肪よりも脂肪幹細胞を入れた方が定着しやすくなります。より自然なバストのために、最新の技術を導入されています。また、他院で脂肪注入を行った際にしこりが出来てしまうトラブルに対して、しこりを取り除く治療もあるため、気になっている方は要チェックです。

住所
大阪市北区曽根崎2-12-4コフレ梅田6F
ヴェリテクリニック

医師を育ててきたベテラン医師による施術が安心のヴェリテクリニック。胸を大きくする豊胸施術はもちろんのこと、垂れ下がったバストを元気にする施術、大きいバストを小さくする施術、乳輪を美しく整える手術など、さまざまなメニューが用意されています。総合的に美しいバストをどうにかしたい人は、相談してみても良いかもしれません。

住所
大阪市北区茶屋町2-19 JPR茶屋町ビル5F
クローバー美容クリニック

2006年から約500人以上もの豊胸施術を行ってきたクローバー美容クリニック。大きさよりもカタチにこだわる施術が、患者の信頼を寄せています。ピックアップして紹介されているピュアグラフト豊胸術は、自身の脂肪から不純物を取り除いた綺麗な脂肪を注入することで、しこりが残らないバストに仕上がる施術です。

住所
大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル18F
銀座みゆき通り美容外科

梅田に医院を構える銀座みゆき通り美容外科。気になるお腹や太ももから脂肪を取り出して胸に注入するコンデンスリッチ豊胸法をメインに行っています。完全個室のカウンセリングルームや予約時間を他の患者さんと被らないように調整など、プライバシーが守られるような気づかいが嬉しいポイントです。

住所
大阪市北区芝田1-10-8山中ビル8F

評判のクリニックをランキングでチェック!ランキング結果を詳しく

胸(バスト)治療体験者の口コミ

口コミ1

プロテーゼ挿入豊胸で大きさや形も思い通りに♪

胸のサイズがコンプレックスで、海やプールに誘われても断り続けてきました。そこで思い切って豊胸手術を受けることを決意。プロテーゼを挿入する治療法を選びましたが、どんな胸になりたいのか、大きさや形などが希望どおりにデザインできると知って驚き。手術は麻酔で眠っている間に終了し、今では乳房の感触も普通のバストと変わらないほどナチュラルです。

口コミ2

ヒアルロン酸注入で、薄着でも堂々としていられるように(*^_^*)

私は胸が小さいことと、左右の形や大きさが違うことが昔から悩みでした。切開手術が不安だったので、ヒアルロン酸注入豊胸術を受けることにしました。おかげさまで仕上がりにも大満足!胸元が開いた服も着られるようになって、毎日ハッピーです♪

口コミ3

筋肉質な私の体質に合わせて治療法を提案してもらえました。

胸が小さい事がコンプレックスで、なかなか積極的になれなかったので豊胸を決意。吸収されるのは嫌だったし、サイズアップもしっかりしたかったので、思い切って人工乳腺法を選びました。人工バックを私の体型に合うように乳腺下(大胸筋膜下)に入れてもらったのですが、これだとトップとアンダーの距離が短く、筋肉が発達している私の体型に合うということでドクターが薦めてくれました。今ではコンプレックスの解消ができ、胸が目立つ洋服も着られるようになり、手術をして本当に良かったと思っています。

大阪の豊胸手術の相場とは?

大阪で受けられる豊胸手術はクリニックと施術方法によって料金が変わります。各クリニックの平均料金をまとめました。大阪で豊胸手術を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

平均 最高 最低
豊胸バッグ 81万円 100万円 56万円
脂肪注入法 60万円 128万円 40万円
ヒアルロン酸注入法(50cc) 20万円 35万円 10万円

料金表のように、クリニックによって料金が大幅に変わります。とはいえ、「高い料金=効果が大きい」というわけではありません。施術料金の中には、人件費といった諸経費が含まれています。それらの出費をカバーできるように、施術料金が決定されているのです。料金が高いから高品質ということもないので、クリニックを選ぶ際は評判や知名度、規模なども調べた上で施術を受けると良いでしょう。

豊胸手術の効果とリスクとは?

胸が小さいというコンプレックスを解消してくれる豊胸手術ですが、施術法によって効果が違います。その効果についてまとめました。自分に合った施術を確認してみてください。また豊胸手術にはリスクはつきものです。各施術のリスクを把握することで、もしもの事態に備えましょう。

豊胸バッグの効果
シリコンバッグプロテーゼを胸に入れることで、2カップ以上のバストアップ効果を得られます。半永久的に効果が続くのも特徴です。胸の形状に合わせて、乳腺の下や大胸筋の下に埋め込みます。乳腺と筋膜の間には余裕があるので、乳腺の下に挿入したほうが痛みが少ないとのこと。
大胸筋の下に挿入する場合は、筋肉の下に入れるためバッグの形が浮き出ません。胸の感触がそのまま残るため、自然な胸を手に入れることできます。バストの形によって適切な方法があるので、医師と相談してどこに埋め込むかを決めましょう。切開する施術なので、痛みが伴うことも覚えておいてください。
豊胸バッグのリスク
術後から2週間程度は痛みが続くため、痛み止めを服用する必要があります。また、豊胸バッグは身体にとって異物とみなされるため、免疫機能から攻撃されてしまうのです。体外に排出できないことがわかると、膜で豊胸バッグを覆います。
必要以上に膜が作られてしまうと「皮膜拘縮(ひまくこうしゅく)」という状態に。胸の締め付けが起こり、バストの形状が崩れます。テクスチャータイプという表面にザラつきのあるバッグを使用すると、バック表面に膜が張りづらくなるため皮膜拘縮のリスクを軽減可能です。
脂肪注入の効果
自分の脂肪を利用して豊胸を行なうため、自然な感触の胸になります。2カップ程度までサイズアップが可能。また異物を体内に入れるわけではないので、拒絶反応が起こりにくいのも特徴です。脂肪注入はまず、自分のお尻や太もも、お腹から脂肪を吸引します。
取り出した脂肪の中から良質な脂肪細胞のみを選び胸へ注入。5~6割が定着するとされており、半永久的に胸の大きさを維持することが可能です。ただし、もともと脂肪の少ない人にはあまり向いていない施術となります。
脂肪注入のリスク
術後2週間以上に渡って赤みや腫れが起こり、痛みが出た場合は注意が必要です。注入した脂肪細胞が壊死(えし)を起こしている可能性があります。また、注入した脂肪にカルシウムがついてしまった場合、脂肪が石灰化していることも。
脂肪を1ヵ所にまとめて注入したり、大量に注入したりした場合に起こりやすい症状です。さらに、脂肪を採取した部位の肌表面がデコボコしてしまうリスクもあります。2週間以内で痛みや腫れが治まった場合は問題ありません。技術によるところが大きいため、技術力に定評のあるクリニックを選ぶことをおすすめします。
ヒアルロン酸注入の効果
短時間で豊胸効果を得ることができるヒアルロン酸注入は、プチ整形として人気を博しています。術後の痛みもあまりないため、手軽にできる施術です。注射針でヒアルロン酸を入れるので、傷口が小さく傷跡もほとんど残りません。
バストアップのサイズは1カップ程度とそこまで大きくできないものの、手軽さを考えると納得できるのではないでしょうか。ただし、効果が持続するのは1年程度なので、豊胸効果を維持したいのであれば継続的に施術を受ける必要があります。
ヒアルロン酸注入のリスク
豊胸バッグや脂肪注入よりも硬く仕上がる傾向にあります。想像以上に硬いと感じる人が多いようです。稀にですが、発熱や感染症を起こす場合もあるのだとか。また注入されたヒアルロン酸の周りに皮膜ができ、胸の形を崩す場合もあります。
注入箇所に偏りがあった場合は、シコリとなって残ってしまう可能性も。簡単な施術だとはいえ、きれいに仕上げためにはテクニックが必要です。リスクを減らすためにも、豊胸手術の実績が多くあるクリニックで施術を受けることをおすすめします。

豊胸手術の注意点とは?

豊胸手術を受けたあとに気を付けてほしいことが多々あります。ここではその注意点をピックアップしてみました。

内服薬をしっかり飲む
術後は痛み止めや筋肉の収縮を緩和させる薬が処方されます。薬は自己判断で止めてはいけません。思わぬ症状が現れる可能性があります。用法・用量・服薬の時間をしっかり守り、最後まで飲み切りましょう。
激しい運動は避ける
胸の状態が安定するまでは激しい運動を控えましょう。1ヶ月程度は安静にすることが望ましいとされています。無理に運動をしてしまうと傷が治りにくくなるばかりか、炎症を起こす可能性も。日常生活でもできるだけ重いものを持つのは避けてくださいね。
施術した部分は触らない
刺激を与えたり負担をかけたりすると傷口がきれいに治りません。かゆくなることがありますが、かかないように我慢しましょう。
飲酒や喫煙を控える
術後の1ヶ月は飲酒や喫煙を控えてください。傷の治りを遅らせる原因になるばかりか、痛みや腫れを強めてしまう可能性があります。
入浴のタイミングに気を付ける
施術直後の入浴は基本的にNG。シャワーは当日から入れますが、洗えるのは施術部分以外のところで、全身シャワーを浴びられるのは4日目からです。入浴は10日以降からになります。
定期診察とアフターケアを受ける
理想の胸を維持するためには、定期的な診察とアフターケアが大切です。指導を受けられるだけではなく、問題の発見や対処がスムーズに行なえます。どんなに経過が良くても、医師の診察は必ず受けましょう。