タトゥー除去が上手い美容外科はココ!

タトゥー除去の悩みをしっかり解消してくれると大阪で評判の美容外科をピックアップ!

ホーム > お悩み別 逆引きクリニック > タトゥー除去に強い美容外科

タトゥー除去に強い美容外科

昔入れたタトゥーや刺青を除去したいといった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。昔はタトゥーや刺青の治療は難しいものだとされていましたが、最近はさまざまな治療法が増え、比較的簡単に除去できるようになっています。治療メニューも多くあるのでチェックしてみてください。

評判のクリニックをランキングでチェック!ランキング結果を詳しく

タトゥー除去に強い美容外科

美容外科のタトゥー除去ってどんなことするの?

従来、タトゥ―・刺青除去法は少なく、完全に色を取るのは難しいとされていました。そのため「1度除去したけど完全に消えなかった」という方がいるかもしれません。しかし、近年はさまざまな除去法が登場し、タトゥー・刺青を入れる前と近い状態に戻せるようになっています。

タトゥーの入った部分にメスを入れる切除法は、タトゥー・刺青を直接切り取ったのち縫い合わせる方法です。時間をかけずに除去したい方に向いている手術ではありますが、体にメスを入れるため負担がかかってしまうことも。その他レーザーでタトゥー・刺青を除去するレーザー治療法もあります。レーザー治療法の中にもいくつか種類があり、黒一色に反応するもの、全てのカラーに反応するものなどさまざま。

今までは黒一色のみのタトゥー・刺青を除去するレーザーしか存在しませんでしたが、カラーにも反応するようになり、よりタトゥーを除去しやすくなっているようです。

タトゥー・刺青の大きさや色など自分に合った方法で除去しないと、思うように消せないことがあります。手術を受ける前に医師と十分に相談してから手術法を決めましょう。

タトゥー除去に強い
大阪 おすすめ
美容外科クリニック

近年増えてきているタトゥー除去法。自分のタトゥーに合わない治療を受けてしまうと、失敗して跡が残ってしまうことも。医師のセンスや技術力によっても仕上がりは異なるので、信頼できるクリニックで治療を受けましょう。

恵聖会クリニック

恵聖会クリニックは主にレーザー治療でタトゥー除去を行っています。最新型のピコレーザー機器「ピコウェイ」を採用しているため、最小限のダメージでタトゥーを除去。黒色はもちろんカラーのタトゥーでも除去できます。「できるだけ跡が残らない施術が良い」「痛みが伴うのは嫌」という方にはピッタリの施術法です。その他、QスイッチYAGレーザー・ルビーレーザーなどのレーザー治療や切除術にも対応。一人ひとり異なるタトゥーに対して確実にアプローチしてくれます。

大阪梅田中央クリニック

24年の実績を持つ大阪梅田中央クリニック。豊富な経験と知識を持つ専門医が手術を行ってくれます。切除法や皮膚移植といった治療法は素早く除去できますが、体への負担が大きいのが特徴。タトゥー除去を諦めてしまっていた人にも手術を受けて欲しいという願いで、レーザー治療を行っているそうです。レーザー治療の中でもピコレーザーを使用しているため、従来のレーザー治療では消せなかったタトゥーも除去してくれます。

大阪雅美容外科

切除法・レーザー・削皮・植皮などさまざまな施術に対応している大阪雅美容外科。全てのタトゥー除去に対して形成外科専門医が対応しています。形成と美容の2つの視点から手術を行うことで、手術後の傷跡や痛みはもちろん患者さんの悩みや不安も最小限に抑えることが可能です。レーザー治療の中でもピコレーザーの年間症例数は550回。今もなお症例数を増やし続けています。今までのタトゥー除去治療よりも少ないタウンタイムで治療が受けるのがポイントです。

湘南美容外科

美容整形外科として広く知れ渡っている湘南美容外科は、タトゥー・刺青除去にも対応しています。今まで消すのが難しいと言われていたカラーのタトゥーにも対応できるよう、ピコレーザーを採用。色のもととなっている微粒子を分解し、確実に色を除去してくれます。傷跡に対するこだわりが強く、「短時間の施術でも傷跡を残さない」をモットーに施術を行っているようです。カウンセリングは担当の医師が直接対応するため、安心して任せられるのもポイントです。

評判のクリニックをランキングでチェック!ランキング結果を詳しく

タトゥー除去治療体験者の口コミ

口コミ1

安い費用で受けられるのは嬉しい!

タトゥーがあることによって仕事に支障をきたしてしまったため消すことを決意。費用が安いところにお願いしようと思っていたので、私が調べた中で一番安かったクリニックで受けることに。施術前の麻酔で20分ほどかかりましたが、施術自体はあっと言う間に終わりました。タトゥーは完全に消えたわけではありませんが徐々に薄くなっている感じです。完璧に消したいのであと何回か受けようと思います。

口コミ2

少ない痛みで悩みを解消できました!

タトゥーを除去したいと考えていたときに、友人が良いクリニックを勧めてくれたのでカウンセリングへ行くことにしました。口コミが良かったのと、近くに駅があったのが決め手ですね。カウンセリングでは私が理解できるよう丁寧に説明してくださったのが印象的です。施術はだいたい1時間半ぐらいで終了。麻酔の際にチクッと痛みがありましたが、その後はありません。術後の健診で、切除したところを先生に見せると、順調だとおっしゃってくれたのでホッとしました。思い切って施術して本当に良かったです。

口コミ3

若い頃に入れたタトゥーをやっと消せます!

20代の若い頃に初めてタトゥーを入れました。そのときは良かったのですが、環境が変わってくるとタトゥーがあることに不便さを感じはじめ、消すことを決意。ピコレーザーで治療してもらうことになったのですが、麻酔なしでもOKとのことだったのでそのまま照射してもらいましたよ。施術して1週間経つとレーザーを当てた箇所にかさぶたが。まだ1回目で効果はわかりませんが、数回照射してくと消えていくそうなのでそれを楽しみに治療を続けます。

タトゥー除去にかかる相場価格はどれくらい?

レーザー治療によるタトゥー除去の場合、1回あたりの相場額は1㎝×1㎝で約1万円。1つのタトゥーを消すには、およそ5~10回程度の施術が必要です。他の除去治療と比較すると1回あたりの費用は安価ですが、1度では終わらないので最終的にかかる費用では他の施術法より高額になってしまうことも。

切除法でタトゥーを除去する場合は1㎝×1㎝で約1万5千~2万円ほど費用がかかります。小さいタトゥーであれば1回の施術ですべて切除できますが、大きいものはケロイドや皮膚のひきつれを起こしてしまうリスクがあるため、数回にわけて施術を行わなくてはいけません。

削皮法は1㎝×1㎝で約4~5万円、植皮法の場合は約6~8万円がおよその相場価格です。他の施術法に比べると費用は高めですが、タトゥーの大きさや色に関係なく1度の施術で除去することができます。

それぞれの施術法のメリットは?

レーザー治療
他の施術法と比べて傷跡が残りにくいのがレーザー治療の大きな魅力。「時間がかかっても、傷跡はできるだけ残したくない」という方におすすめです。また、さまざまな部位や広範囲のタトゥーにも対応できます。他の施術法のような大掛かりな手術を必要としないことも、レーザー治療のメリットです。
切除法
レーザーでは消しにくい赤や紫、オレンジなどカラフルなタトゥーにも対応できます。小さなタトゥーであれば、必要な施術回数は1回のみ。大きいものでもレーザーに比べれば短期間でタトゥー除去ができるため「早くタトゥーを消したい!」という方にぴったりです。
削皮法
タトゥーの大きさや色に関係なく除去できる削皮法。切除できないほど広範囲のタトゥーを入れている方にも対応でき、1回の施術ですべてのタトゥーを除去できるのが魅力です。削皮法とレーザー治療を併用すると、よりキレイにタトゥーを消すことができます。
植皮法
切除法で除去できないような広範囲のタトゥーに対応できる施術法。レーザー治療では除去できない色や大きさにも対応でき、1回の治療ですべて除去することが可能です。高度な治療技術や大掛かりな手術が必要なため、植皮法を扱っていないクリニックもあります。

レーザーとピコレーザーは何が違うの?

ピコレーザーとは従来のレーザー治療では対応できなかった赤や青、緑などさまざまな色のタトゥーを除去できるレーザーです。タトゥーの色素粒子をより細かく破砕して除去するため、必要な施術回数が少ないのも魅力の1つ。レーザーの照射時間が短く肌への負担が少ないので、ダウンタイムもほとんどありません。「傷跡は残らないけど治療に長い期間がかかる」といったレーザー治療のデメリットを解決する最新の治療です。

施術前後の注意点は?

スケジュールを検討する
施術後は運動を控えて、できるだけ安静にする必要があります。患部に巻いた包帯や痛みのせいで思うように動けない可能性も…。仕事やイベントごとで忙しい時期は避けて、安静に過ごせるように調整しておくと良いでしょう。
自分に合った施術法を選ぶ
タトゥー除去の施術法には治療期間や傷跡、高額な費用などそれぞれにデメリットがあります。後悔しないためにはきちんとメリット・デメリットを把握し、納得できる施術法を選ぶことが重要です。気になることがあれば医師に必ず確認しましょう。
持病や既往歴、アレルギーがあれば伝える
持病によっては一部の治療が受けられないこともあります。アレルギーの有無や服薬状況、また麻酔で気分が悪くなった経験がある方は必ず事前に伝えるようにしましょう。
処方された薬は指示通り使用する
塗り薬や内服薬が処方された場合は忘れずにきちんと塗布・服用することが大切です。肌トラブルや思わぬ副作用を起こさないためにも、指示通り使用しましょう。
入浴・運動・アルコールを控える
血液の巡りが良くなると、出血しやすくなったり痛みが出てしまったりする可能性があります。術後当日~3日間程度は避けるのが無難です。それ以降は医師の判断に従うようにしましょう。
紫外線対策を行う
術後の肌は非常にデリケートな状態です。紫外線による刺激を受けないよう、部位によっては長袖やスカーフなどを使用し、肌を守るようにしましょう。

気になる治療の痛みはどれくらい?

切除法や削皮法、植皮法の場合、麻酔を使用するため施術中の痛みはほとんどありません。レーザー治療は他の施術法と比べて痛みが少ないとされていますが、痛みに弱い方やレーザーを高出力にして施術を行った場合は強い痛みが出てしまうことも。不安な方は麻酔をオプションで使用できるか医師に確認すると良いでしょう。

傷跡は残る?ダウンタイムはあるの?

レーザー治療の場合、傷跡はほとんど残りません。照射後はかさぶたが残ってしまいますが、1週間ほどで自然に剝がれます。ダウンタイムはほとんどありません。

切除法の場合は縫合跡、削皮法はやけどのような傷跡が残ってしまいます。植皮法はタトゥーがあった箇所のみでなく、正常な皮膚を採取した箇所にも傷が残ってしまうのが難点。

切除法は3日~2週間ほど痛みや内出血といったダウンタイムが続きます。削皮法や植皮法はダウンタイムが長く、赤みが引くまでに約6ヶ月かかるそう。施術後、麻酔が切れると強い痛みが出ることもあります。また「滲出(しんしゅつ)液」という液体が分泌されて患部がジュクジュクするため、術後から3ヵ月ほどはガーゼが必要です。

PICK UP!大阪で評判の良いクリニックはどこだ!?
口コミ・評判を徹底調査しました!専門性ランキングの結果はコチラ